top of page
検索
  • 執筆者の写真hidakaopt

BJクラシック FLEXI FIT

1900年初頭、テンプルを掛ける人の顔の形に合わせて曲げ、掛け心地を調整できるセルロイド製の眼鏡が誕生した。今では当たり前になった「フィッティング」も、歴史をたどると当初はとても画期的なことだった。

革新的な進化を遂げた当時のモデルFLEXI-FITを完全復刻。

玉型、テンプル形状はもちろん、当時のアメリカ的な大雑把でダイナミックな作り方も日本の職人の手により忠実に再現。当時のアメリカの文化や職人が持つ哲学や思想までをも完全復刻させた。


閲覧数:55回0件のコメント

Comments


bottom of page